2017年02月17日

特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さんがお見舞いに来てくれました

20170110お守りと手紙102.png

 あおいのパパ(夫)が悪性リンパ腫(成人T細胞白血病/リンパ腫)で緊急入院してから2か月が経ちました。がん薬物療法(治療)が良く効き、今のところ心配していた副作用も特に問題となるようなものは起きていません。今までの経過は担当医師も驚くほど順調です。何もかも本当に運が良かったと思えることばかりで、今後、骨髄移植が行われますが、これからも幸運が続くように、皆様、私たちと一緒に祈っていてください。

 今までお見舞いに来てくださり励ましてくださった友人・知人の皆様、本当にありがとうございました。先週の2月8日には特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さん(拓殖大学海外事情研究所教授)が病院に来てくださいました。1月には荒木さんから病気平癒のお守りと心のこもったお手紙をいただいており、あおいのパパ(夫)も大変感動して泣いておりました。(*上の写真)回復しましたらなお一層、拉致問題解決のため努力したいと思います。

*詳細はFacebookに載せています。こちらにも前回の続きを掲載致します。

2017年1月17日

 皆さん、いつもありがとうございます。写真は先週の1月11日(水)撮影です。前日10日、主人の病室に友人から病気平癒のお守りが届きました。大変感激して泣いてしまったそうです。(私も涙です)荒木さん、本当にお心遣いありがとうございました。大切にします。

*抗がん剤の影響で段々と髪の毛が抜けてきてはいますが、治療の効果はまずまずです。少し食欲は落ちてはいるものの、体重が急激に減らないように頑張って食べています。

20170111お守り102.png

2017年1月23日

 先日、病院で主人の骨髄の型を調べていただいたところ、日本人に一番多い型ではなく二番目の型だと判明しました。その型は現在骨髄バンクに43人登録されているそうです。しかしタイミング等の関係で骨髄バンクからの提供は難しいと思います。(こちらの都合だけじゃなく相手の都合もあることですので・・)まだはっきりしていませんが、多分(冷凍保存の)臍帯血になるだろうということです。骨髄バンクの骨髄より数十パーセント成功率は落ちるそうですが。

 私たちの知らないところで多くの皆さんが主人を助けてくださる。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

*担当医師に聞いたところ、「成人T細胞白血病/リンパ腫」は予防のしようがない病気だそうです。(ある日突然発症)主人は昭和36年生まれで55才です。まさかこの年でこんなことになるなんて、というのが正直な思いです・・。

2017年1月24日

 昨日(月)、私の体調が悪いので近所のクリニックで診てもらったのですが・・、インフルエンザにかかってしまいました。主人が入院中なので、体調面特に気をつけていたのに。(今週中は出かけられなくなりました)

 前日の日曜日、病院で主人に面会していたため大騒ぎになってしまいました。抗がん剤治療のため免疫力が落ちてしまうので、近いうちに無菌病室に入るかもしれない中でのこと、私の方も心配でパニックに・・。主人は予防のためタミフルを10日間飲まなければいけなくなりました。本人はいたって元気で、私のことばかり心配して連絡してきます。

 仕事もしばらく休まねばならず、色々な方に迷惑をかけてしまいました。5日間、おとなしくしてしっかり治します・・。

*病院側も以前に別病棟でインフルエンザに罹った患者がいたそうでピリピリしていたようです。私のインフルエンザは病院でもらってきたと思っています・・。(;・;)

2017年2月13日

 主人が緊急入院してから12日で2か月になります。その間、見舞ってくださった方々や励ましの手紙・メールをくださった皆様、回復を祈ってくださった皆様、本当にありがとうございます。

 最近白血球の数値が思わしくなく、しばらく様子見ということで抗がん剤治療を一時中断していましたが、今日の血液検査の結果が良ければ治療再開できるようです。そしてその後、早いうちにバンクから確保している臍帯血を使って骨髄移植をする予定です。

 担当医師によると、紹介状を持って最初に病院で診た時は本当にものすごく悪い状態だったそうです。今までにこんなに悪い患者さんを診たことがないほどだったとか・・。先生は「骨が溶けだしている」とおっしゃっていましたが、先日、その当時の頭蓋骨の様子(写真)を見せてくださいました。これをあの最初の病状説明の時に見せられていたら、多分もう立ち直れなかったと思います。本当に色んな幸運が重なって今日があることを感謝する毎日です。

 先週の水曜日(2月8日)、特定失踪者問題調査会代表で拓殖大学海外事情研究所教授で陸上自衛隊予備陸曹長の荒木和博さんが主人を見舞ってくださいました。(肩書はもっといっぱい、著書もいっぱいの方です)大変お忙しい方ですから、わざわざ時間を作って来てくださったことがうれしく、でも申し訳なく、というのが正直な気持ちなのですが・・。(先月は病気平癒のお守りと励ましの手紙を病院に送ってくださいました)主人は荒木さんに会って元気をいただいたようで、その後、私が病院に行きましたら、前回会った時より活力がありました。荒木さん、本当にありがとうございました。

*荒木和博さんのブログ(荒木和博BLOG)
http://araki.way-nifty.com/araki/

20170211お見舞い101.png
posted by あおいのママ at 03:23| 千葉 ☁| あおいのページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする