2017年02月17日

特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さんがお見舞いに来てくれました

20170110お守りと手紙102.png

 あおいのパパ(夫)が悪性リンパ腫(成人T細胞白血病/リンパ腫)で緊急入院してから2か月が経ちました。がん薬物療法(治療)が良く効き、今のところ心配していた副作用も特に問題となるようなものは起きていません。今までの経過は担当医師も驚くほど順調です。何もかも本当に運が良かったと思えることばかりで、今後、骨髄移植が行われますが、これからも幸運が続くように、皆様、私たちと一緒に祈っていてください。

 今までお見舞いに来てくださり励ましてくださった友人・知人の皆様、本当にありがとうございました。先週の2月8日には特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さん(拓殖大学海外事情研究所教授)が病院に来てくださいました。1月には荒木さんから病気平癒のお守りと心のこもったお手紙をいただいており、あおいのパパ(夫)も大変感動して泣いておりました。(*上の写真)回復しましたらなお一層、拉致問題解決のため努力したいと思います。

*詳細はFacebookに載せています。こちらにも前回の続きを掲載致します。

続きを読む
posted by あおいのママ at 03:23| 千葉 ☁| あおいのページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする